会長・幹事挨拶

東京上野ロータリークラブ
2020-2021年度 会長方針
「思いやりのある奉仕をしよう」

 由緒ある東京上野ロータリークラブの会長を務めさせて頂くことになりました。浅学菲才の身ですが、皆様のご指導ご協力を賜り、明るく楽しい、より魅力的なクラブにしたいと思います。宜しくお願い申し上げます。
 2020-2021年度のRI会長のホリガー・クナーク氏は「ロータリーは機会の扉を開く」をテーマに掲げられました。ロータリーとは「無限の機会の招待」であるとし、ロータリークラブでの活動が、どこかで誰かの機会の扉を開き、助けを必要とする人たちのために機会を生み出すと述べられています。
 第2580地区の野生司 義光ガバナーも、これを地区テーマとされました。地区活動方針は、①会員増強、②公共イメージの向上、③ロータリーデーの開催とされました。
 我がクラブでは①会員増強、②出席率の向上、③東京上野ローターアクトクラブへの支援を重点目標にさせていただきます。また、国際奉仕委員会のグローバル補助金の申請に挑戦したいと思っています。
 会員増強には、魅力的なクラブであることが求められると考えます。有意義な卓話、素晴らしい奏楽堂コンサートなどの行事に入会候補者の方々を招待したいと思います。そして、ロータリークラブに入会してもらうということは、我々会員にとっても新しい仲間との出会い、そして一緒に活動して、会員も新入会員も助けを求める人たちも、各々の人生を豊かにすることだと思います。
 また、東京上野ローターアクトクラブと一緒に奉仕活動を計画したいと思います。
 会員の皆様と共に、寄付するだけではなく、そして奉仕の規模にかかわらず“心のこもった、思いやりのある”奉仕をしたいと考えます。
 東京上野ロータリークラブの会員で良かったと思えるよう、益々の繁栄に尽力をしたいと思います。

会長 向井 史郎

幹事として

 2020-2021年度の幹事を務めさせて頂く事となりました。
会員の皆様の心を一つにしてクラブを運営してまいりたいと思います。
この1年間何卒宜しくお願い申し上げます。
 幹事は、クラブの状況を把握し、クラブの効果的な運営を支え、記録の管理と報告を行うことが責務であるとあります。
 クラブ運営にとって重要な役割を持つ幹事としての役割を遂行して行く為には、クラブの状況をしっかりと把握し、年間スケジュールのもと全ての事業を、伝統ある上野ロータリークラブの名に恥じない素晴らしいものにしたいと考えております。
 今年度、向井会長の基本方針は「思いやりのある奉仕をしよう」であり、会員増強、出席率の向上、東京上野ローターアクトクラブへの支援を重点目標に掲げられました。向井会長のもと、この目標を達成する為に、理事・各委員会・全会員の皆様と常に連携を取り、心のこもった思いやりのある奉仕活動の実践が出来るようなクラブ運営を目指し努力して参りたいと思います。
会員の皆様のご理解とご協力、ご指導ご鞭撻の程、宜しくお願い申し上げます。

幹事 渡邉 恭司
Translate »